フレネシ学園 秘密の入学式 その1

2011-9-11

~INN JAPAN編~

9月3日と4日、
わがフレネシ学園の入学式が、東京砂漠のオアシス(ストロボカフェ)で
ひっそりと行われました。

遠くから来ていただいた生徒のみなさま
ありがとうございました。
台風が列島を横切るまさにその最中に
催しは開催されたのでした。

初日は、INN JAPANさんがゲスト出演。
これまでも、彼らのファンであることを公言してきたわけですが
学園の特別講師としてお招きしたところ、快く引き受けてくださいました。

(写真は、ストロボカフェライブレポートより)

INN JAPANの先生方は自在なパフォーマンスを通じて、
とまどう生徒との距離をあっという間に縮め
3人で巧みに連携をとりつつ、およそ1時間に及ぶ
壮大な悪夢(スペクタクル)を見せてくれました。

背景が純白のカフェスペースだからこそ、
彼らの放つ音や言葉がくっきりと可視化され、
しなやかに渦巻く様が描き出されたのでしょう。
その骨太なサウンドとコントラストを成す柔軟な脚本。
空気を意のままに操り、
どのような場所でもホームに変えてゆくシナリオの破壊と構築の妙は、
まさに彼らの才能の極みという他ありません。

悪という漢字の成り立ち、私も調べてみました。

「悪」とは
「亞(四角く掘り下げた土地)+心」の会意兼形声で、
くぼんで落ち込んだ気持ちをあらわす
のだそう。
(引用元:小学校学習指導要領学年別配当漢字の構成と由来)

「悪」という字を繰り返しノートに書いてみたところ、
私の場合は、8字目くらいでゲシュタルト崩壊が起こりました。
皆さんも、山八先生の講義を思い出しつつ、
やってみてはいかがでしょうか。

続く

コメントをどうぞ